考察

在宅でもできるチャットレディのお仕事で気をつけることやデメリットはありますか?

投稿日:

在宅でもできるチャットレディのお仕事で気をつけることやデメリットはありますか?

事務所に出勤するだけではなく在宅でも働くことができるチャットレディのお仕事は、本業とは別にちょっとした副業で収入を増やしたいかた、家事や育児をこなしながら両立したいかたにも最適です。
ですが、そんな在宅チャットレディのお仕事を始める際には、在宅ならではのデメリットも知っておく必要があります。

最低限の仕事環境を整える必要がある

事務所によっては、在宅でお仕事をするために必要になるパソコンやWEBカメラ等の機材の貸し出しを行っていますが、場合によっては自身で揃えなければならない場合もあります。チャットレディのお仕事は高収入ではありますが、開始時に起動の早いパソコン、解像度の高いカメラを用意するとなると、ある程度まとまった出費になりますから気をつけておきましょう。
ここでケチッてしまうと動作の安定性を欠くなど、スムーズにお仕事ができません。

お仕事とプライベートをわけにくくなる

自身のプライベート空間がお仕事部屋にもなるため、オンオフの切り替えがしにくくなるという点に注意が必要です。直接男性を招き入れているわけではありませんが、部屋の中を晒しながらの会話になりますし、お仕事専用の部屋を用意できればそれに越したことはありませんが、好きな日に休めるものの、常にお仕事空間が身近にあるというのはそれなりにストレスになります。
切り替えをしっかりとできるように対策が必須です。

愚痴をこぼした相談をしにくい

在宅チャットレディになると、休憩ルームで気軽に同じチャットレディに愚痴をこぼしたり、スタッフに相談をしにくくなるのもデメリットです。
トラブルが起こっても、その場にスタッフがいないことから問い合わせのレスポンスが遅くなることもあります。オンオフの切り替え同様、嫌なことがあれば発散できる環境を作っておきましょう。

-考察

Copyright© チャットレディとお金について考える , 2020 All Rights Reserved.